Cho-Rira

10:00~3:00  03-3990-0808

Cho-Riraのフォトギャラリー

SALONサロン情報

毎日の仕事や家事の疲れによる肩こりや腰痛、冷え性などに悩まされているという人は多いかと思いますが、実は腸も同じように疲労を起こすのです。
肩こりなどの症状と違って日頃あまり意識することはありませんが、腸は休むことなく食事や排泄などの機能を働かせ続けています。また腸は全長6メートル以上にも及ぶ広い面積をもち、動かすためにはたくさんの血液を必要とするため、その分疲労も溜まりやすい臓器といわれています。

疲労が溜まり、動きが鈍くなると血液循環が悪化。いわば「凝ったような状態」となり、腸だけでなく全身に及ぶ冷えや血行不良を起こしてしまいます。さらに、小腸には菌と戦う免疫機能が備わっています。全身の半分以上の免疫細胞が集まっているため、小腸の動きが鈍ると免疫力の低下を引き起こすことも。疲れやすい、風邪を引きやすいなど、体の不調を感じやすい時は小腸の不調が原因となっている可能性があります。

こういった腸から始まる冷えや血行不良、免疫力の低下を改善するのが腸もみです。
「腸もみ」と聞いて、内臓なのに揉むことができるのかと驚く人もいるかと思いますが、腸はとても大きいため皮膚の外側からでも刺激することができます。刺激を与えることで腸の働きを促すことができますが、知識もなくむやみに揉んだりするのは良くありません。正しい手法で適切な刺激を加えることが重要です。

施術は服を着たまま横になり、痛くならない程度に手のひらや指の腹を使ってゆっくり優しく揉んでいきます。
腸を揉んでリラックスすることで、消化吸収や排泄がスムーズになり、腸が温まって全身もポカポカに。肩こり、腰痛、頭痛、生理痛や代謝の促進、免疫力の向上のほか、気持ちが穏やかになるなど、さまざまな効果が期待できます。

キャビテーションの大きな特徴は、脂肪に専用のマシンで超音波を当てて、体内に発生した気泡が弾けるエネルギーで脂肪細胞が破壊する施術です。壊れた脂肪細胞は血中へ溶け出し、リンパ管や血管を通じて体外へ排出されやすい状態になります。

ラジオ波の大きな特徴は、高周波の電磁波を利用した施術です。高周波を当てることで体内に熱を発生させ、冷えて固まった脂肪や凝りを温めて、解消や代謝を上げる効果が得られます。